ちゅぱお と ちゅぱみ が行く

愛すべき息子と娘のわんぱく日記。

おかさん・育児日記

ちゅぱみのお食い初め



こんにちは、おかさんです。
なんと、今月二度目の記帳になります。 凄い頑張ってます(笑)

先日、私方の母を招いて、 ちゅぱみの お食い初め をしました。

お食い初めとは、生後100日前後に行うお祝いで、
子供が一生食べ物に困らないようにと願いを込める儀式です。
(地方によっては、100日ではない場合もあるそうです)
神社や川原などで拾った丸い石を、『歯固め』 として齧らせる真似をしたりもするそうです。

さて、毎度の事ながら、頭を捻るのが料理。
お食い初め というくらいなので、ちゅぱみにもしっかりお膳を用意します。
と言っても、生後三ヶ月の赤ちゃんなので食べさせる真似だけで、
実際に食べさせたりはしないのですが…

それでも、お祝いといえば写真が付き物。
後世に残るわけですからね、おかさんも見栄を張って頑張らないといけません。

お膳は、一汁三菜が基本だそうで。
おかさんが用意したものは…

1 . 煮物
2 . ふぐのタタキ
3 . 冷奴
4 . 紅白かまぼこ
5 . サラダスパ
6 . お吸い物


以上6点です


ハイ、一番肝心なものがありませんね!
尾頭付きの焼き魚と、ご飯です。

実は、今回のお食い初め。
遠方だということで、おとさん方のおとうさんとおかあさんが参加できませんでした。
なので、せめて 尾頭付きの鯛赤飯 をと、用意して送ってくださったのです。



img20061129.jpg



じゃーん。
これが記念の写真です。

おいしそうでしょ?^^


遠く離れていても、せめて気持ちだけでもお祝いをと、
そう思ってくださった義父さんと義母さんに、心からの感謝を。

年末になったら、ぷくぷくに丸くなったちゅぱみと、
前より少しお兄ちゃんになったちゅぱおを連れて、遊びに行きますね!

そして、退院直後だというのに来てくれた母に感謝です。
おとさんのサプライズで、「退院おめでとう」のケーキを用意。
お食い初めとあわせて、母の退院祝いもしました^^

悪いことが続いてしまったけれど、厄払いだと思って楽しんで貰えたなら嬉しいです。
たまにはね、リフレッシュもいいよね。


ちゅぱみ、100日おめでとう!
これからも、家族皆元気で幸せに暮らしていこうねv


母の入院



お久しぶりです、おかさんです。
久しぶりなのに育児日記ではなかったりします。

最近我が家では、ちびっ子達がロタウイルスにやられてたり、
私方の祖父の調子が良くなかったりと、バタバタしていたのですが、

なんと今度は、私の母が入院しました。


理由は…
コケた時に 自分の体重を支えきれず 右親指の靭帯を切った そうです!


一部 誇張しすぎました。
荷物を持っていた為、転んだ時に片手をついて、それで靭帯が切れたそうです。


出先だったため、痛いのを我慢 したまま 仕事を続行
事務所へ戻っても、仕事を続けていたそうです。

で、どうも調子がおかしいということで、病院に行ったところ、
病院の先生に怒られたのだそうです。

…靭帯が切れているんだから、調子がおかしくて当然ですよね (笑)


母は、以前に足の骨を折った経験があり、

「骨なんて、固定していればくっつくのよ!」

とよく言っていました。

が、流石に靭帯は、固定したところで自然に治るわけもなく… (笑)
しかも利き手なので、要手術&入院 ということになりました。


入院期間は、一週間程度。

日頃仕事に追われ、バタバタした生活を続けている母。
無理矢理に拘束でもしない限り、自分の休みを作らない人なので、
これをいい休暇だと、思ってゆっくりして貰いたいです (笑)


ちゅぱおの火傷



いつものように夕食の支度に取り掛かった、金曜の夜。
ご飯のスイッチをオン!

数分後、ちゅぱおの泣き声が!


なんと、炊飯ジャーの湯気の部分に手をかざした らしく、
ちゅぱおが、右の一指し指を押さえて泣いていました。

私が目を離した隙に、火傷を負わせてしまったのです…

そもそも、台所なんて危ない場所に、ちゅぱおを入れたのが間違い。
今まで大丈夫だったから… と、つい油断していました。



反省は一先ず置いて、火傷の辛さは自分も体験済み。
そのままにしておくと、熱がどんどん中へ入り込んでいくので、とにかく冷やさなければなりません。

急いで、患部を流水で冷やすこと30分。
ちゅぱおは水遊びに夢中で、痛みのことは多少忘れている様子。
火傷って、冷やしている間は痛くないんだよね。
冷やすのをやめると、途端に痛くなるのです…(ほろ

ある程度冷やした後、冷えピタを張り一晩様子を見ることに…


翌朝、おとさんと一緒に患部の状態を見たのですが、ぷくーっと水ぶくれが!
流石に医者に見てもらわないと… と思い、午前中に皮膚科へ連れて行きました。

火傷は、程度を1~3度で表します。
程度は、温度と皮膚への接触時間によって変わってきます。


1度は、ひりひり日焼け程度

2度は、軽度~重度によって違いますが、熱湯で火傷し、水ぶくれができた場合はこれです

3度は、皮膚の深いところまで及んだ熱傷で、神経が死んだ状態なので痛みも感じないそうです


受診したところ、ちゅぱおは2度(軽度)の火傷でした。
水の温度は、最高100度までしか上がりませんが、水蒸気は更に温度が高いそうで
パッと手をかざしただけでも、酷い火傷になるそうです。

たかだか、湯気だろう…と思っていた私が馬鹿でした。


先生に、水ぶくれの水を抜いてもらい、薬を塗ってもらいガーゼを巻いてもらって治療は終了。
このままの状態で、また月曜に診察ということになりました。


<火傷の対処>

・すぐに流水(水道水等)で30分以上冷やす 乳児は冷やしすぎに注意

・衣服の上から火傷した場合は、脱がさずその上から冷やします
 無理に脱がしたり剥がしたりしない

・水脹れは、破っても48時間以内はまたできるそうで…
 破ったor破れた場合は、患部を消毒しガーゼ等で保護しなければいけない反面
 患部にガーゼが張り付かないよう配慮も必要になってくるので、
 破らないほうがいいかもしれません

・病院で診察してもらう場合は、ガーゼ等で保護して行く



子供の皮膚は、大人より薄いので酷くなりやすく
最初は1度と思っても、時間が経つにつれ2度になることもある
そうです。

逆に、大人より新陳代謝が激しいので回復は早い、と先生が仰ってました。

月曜の診察では、薬のおかげか水脹れはできておらず、患部は真っ白になってました。
このまま新しい皮膚が固くなるまで、しばしの辛抱とのこと。



早く良くなるといいね、ちゅぱお。

今回のことで、自分の不注意さが身に染みました。
危ないことを、「危ない!」と注意しなければならない反面、
極力危ない場所を作らない心がけも、親として必要でした。

好奇心旺盛なこの時期の子供にとって、目に映るものは全て興味の対象。
改めて子供の目線で、危ない場所はないか考えたいと思います。

おかさんの無痛分娩話



お久しぶりです、おかさんです
8月20日に出産し、本日ちゅぱみの二週間検診に行ってきました!
母子共に問題なく、経過は順調です。

出産直後は眩暈が残り、しばらく歩けない状態が続きましたが、3日目にはほぼ回復。
退院後も、前回ほどの疲労感はありませんでした。
(二人目であるとか、所要時間が短かったからかもしれませんが)

まだまだ、おとさんや、私のおかさんにお世話になりながらの生活ではありますが、
少しずつ日常の生活に戻っていければと思っています。


以下無痛分娩の感想をつらつらと…
お暇な方はどうぞ(笑)

続きを読む

ちゅぱお、実家にお泊りの巻き



暑い日が続きます、皆さんお元気ですか? おかさんです。

先日家族で、おかさんの実家へお泊りに行きました!
ちゅぱおが実家へ泊まりに行くのは、去年のお盆以来なので久しぶりです。

何度か遊びに行っているのもあり、ちゅぱおも抵抗なく実家を満喫。
新しい遊び場! とでも思ってるのでしょうか(笑)
あちこち探索に勤しんでいました。


おかさんの実家にも、シズクという名前のワンコがいます。
おとさんとこのゴンで慣れたのか、ちゅぱおは積極的にシズクにタッチ!

最初は、ちょろっと触っては様子見、ちょろっと触っては様子見…だったのですが、
そのうち調子に乗って、顔を触ったり、毛をひっぱったり。

最後には、尻尾を引っ張り、流石のシズクもご立腹(笑)
「ウー!」と唸られ、後ずさるちゅぱお…

しかし、そこで引き下がるちゅぱおではありません。
しばらく経つと、また尻尾をちょろりと引っ張り。

うーん、チャレンジ精神 旺 盛 !
日頃、動物と接する機会が少ないので、こういう時にこそ沢山触れ合ってほしいですよねv



夕食は、ばーば(おかさんのおかさん)作、素麺祭り。

素麺+天ぷら+焼き魚+牛刺し と盛り沢山。


えええ、食べきれないよこの量!!∑(゚д゚;)


…と思っていたのですが、予想以上にちゅぱおが奮闘。
ばーばに「アレ食べさせろ、これ食べさせろ!」と言わんばかりに主張、
なんだかんだ言って、結構な量を平らげてしまいましたー

ちゅぱおよ、その小さな身体のどこにコレだけの食べ物が入るの…?
我が家最大の謎です。

そんなちゅぱおの横で、何気なく私も奮闘。 …いやぁ、食べたい年頃なんです(*´v`*)
あまりの食べっぷりに、ばーばも喜んでくれたでしょうか(笑)

その後、お風呂に入り、スイカを食べたり、沢山お話ししたり、大はしゃぎの後、就寝。
翌日は、ショッピング→昼食→お散歩とのんびり一日を過ごしました。

実家に泊まりに来るときは、大抵その後のスケジュールが詰まっていて、
なかなかゆっくりすることができなくて。
今回はお泊まりがメインなので、まったり実家を満喫できました。
ちゅぱおも、ワンコと遊んだり、ばーばとお話ししたり、お庭を見て回ったり、
充実した二日間だったのではないでしょうか。

また遊びに行こうね、ちゅぱお!

livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ