ちゅぱお と ちゅぱみ が行く

愛すべき息子と娘のわんぱく日記。

2005年07月

好きなことグランプリ7月杯



お待たせしました! (何が?

ちゅぱお、好きなことグランプリ。
7月杯の集計結果がでました! (忘れてなかったよ

ちなみに、
ミルクや離乳食を喜ぶのは当たり前なので、
それらは除いた、好きなことベスト10で。

それでは、さっそくいきましょー!



第10位
鳴き声の出る絵本 (ワンワンニャーニャー系

第9位
ベビーチェアのおもちゃガチャガチャ

第8位
奇声(?)発声遊び (ボリュームは日増しに増大

第7位
立て抱っこ背中とんとん&高いたか~い

第6位
ビニール袋ガサガサ (ビニールであればなんでも

第5位
おむつ替え&体こちょこちょ

第4位
うちわで全身高速扇ぎ (強風

第3位
ベビーチェアごと高い高い (おとさん高等テクニック

第2位
口遊びパクパク&ぶーぶーぶー (ヨダレ爆発

第1位
「せーのッ!」で始まる、1から10までの数え歌



いろいろと好きなことが多いですね~(^^





img20050730.jpg


ちょっとだけなら、お座りもできるよ♪



肘内障



おかさんです。

朝、いつものように寝転がっているちゅぱおの両腕を引いて
上半身を起こそうとしたら…

クキッ

なんか音がしたような気がしました。

そしてちゅぱお号泣。


∑えええええ 何 私 なにした!!


しばらくするとまたいつもの顔でにへにへしはじめるちゅぱお。
気のせいかなと思っていたら…

右手しか動かさなくなりました。
左腕はダラリとしたまま。

動かさなければ機嫌も悪くないのですが、腕を引くと大泣き。


なんかマズイ。 これはマズイ状況かもしれない。


大慌てで病院に連れて行き、見てもらう事に。
診断の結果、肘内障 の疑いがあるとのことでした。

肘内障とは、いわゆる「腕が抜けた」状態で、
大人の脱臼とはちょっと違うそうです。

小さい子供の腕は抜けやすく、ピークは3~5才だとか。
腕が抜けた瞬間痛くて泣くこともあるけれど腕に触らなければ痛くなく、
腫れや出血もないらしい。
専門医にみてもらえばあっという間に治るので心配はなく、
成長とともに繰り返すこともなくなるとかなんとか…

ともあれ、行った病院は小児科だったので整形外科を紹介してもらい、
ベビーカーで別病院に移動。
車がないので炎天下を延々と歩く歩く…

整形外科に着いたときにはちゅぱおの身体もほてり上げていて、
違う病気になるのではなかろうかと心配になり。
総合病院の整形なので1時間も待たされ、やっと診断。


「あれ 腕はまってますね」



はい? (゚д゚;)



「肘内障って、簡単になっちゃうし簡単に直せるし、
 なんかの拍子で元に戻ることもあるんですよ」




ここまでの 長い旅は 一体… il||li _|‾|○ il||li


まぁ、ちゅぱおが無事ならそれでよし。

別に変わったことをしたわけでもないのに、
こんなことになって本当にビビリまくった一日でした。

子供は間接が弱い、抜けやすいとあらかじめ予備知識はあったのですが、
こんな簡単な動きで外れるとは思ってもなかった ので、
全国の新米お母さん気をつけて――!

ちゅぱお突撃部隊



この間、ちゅぱおの移動力の話しを日記に書いたけど、
マジで、スゴイですよ。 侮れん!赤ちゃんの移動能力

足の力が強くなってきたから、
ずりずりとホフク前進する技もより磨きが掛かり、
ベッドの端から端へ、部屋の隅から隅へと移動する。

ホント、 何部隊所属のランボーですか? ってな勢い。

まぁランボーのわりには、お尻をピコピコ浮かせてラブリーなのですが(^^

しかし、それでリビングのテレビ、ビデオ、PC、モデム、コンポなどなど、
主要AV機器の配線を一手に任せている、絶対進入不可エリアに突撃。

コードが好き

という、おかさんの情報どおり、我が家の憩いに被害を及ぼす、我が息子。
ただでさえ、コード類をいじって バチッ!とならないかヒヤヒヤものです。

これは一大事。


さらに寝返り返りも出来るちゅぱお。でも、これはほとんど左側のみ。
一方通行なので、右へ戻ることはならず。 

これは対策方法が簡単だ。


「ちゅぱおの左側にだけ注意すればよい」


我が家の作戦総司令であるおとさん自らが出した通達により、
巨大なクッションが2基、寝室からリビングに空輸されてきた。





img20050725.jpg

AV機器配線断絶絶対防衛ブロック 「イージス」配備の図






さすがにこれは越えられないちゅぱお。
大概は、これに防がれてぐずり、そのまま寝てしまいます(笑


寝返り返りはこれでなんとかなる。
問題は、やはり頭からのホフク前進か…。

クッションは2基しかないから、別のものを考えねばならないけど、
これも束の間だろうなぁ~。

寝返り返りが右も出来るようになるか、もしくはハイハイが始まると、
もう防波堤は防波堤としての機能を失う。

作戦司令部は、次なる対策方法の検討に入った。
総司令は常に二手、三手先を考えておかねばならんのだ!


飲ま 飲ま イェイ!



ついにウチにもやってきた!

巷で話題のオゾンが、我が家にも初上陸!



ちゅぱお恋のマイヤヒー!(てきとう)




ドンドン♪




マイヤヒー♪



マイヤフー♪



マイヤホー♪



マイヤハッハー♪




ドンドン♪




ハロー?

バブー?

すげえ、うん 飲む?

舌ぺろぺろ

腕まくら、してしてー

すげえ、ミルクすげえ!

おかさんチラ

おとさん凝視

簒奪オムツ

さらにミルク、すげえ!




ドンドン♪




飲ま 飲ま
img20050722.jpg



イェイ!
img20050722_1.jpg



飲ま 飲ま
img20050722.jpg



イェイ!
img20050722_1.jpg





………。




いったいなんなんだ、この日記は?(^^

でも、ちゅぱお君はひとりでミルクが飲めるようになったんですよ。
厳密に言うと、哺乳瓶を支えられるようになった、ですけど。

ちょっと取り込んでいて手が離せないとき、
例えば、料理中だったり電話中だったり ゲーム中だったり のときに、
この芸があると大変便利です。

エライね、ちゅぱお!

以上ウチのマイヤヒーでした。


裸の大将



夏なんだな。

暑いんだな。

汗かいて、体がベタベタするんだな。

いっそのこと、裸でいいんだな。

ラクなんだな。





img20050718.jpg

てーん!




とても気持ちよさそうな、ちゅぱお。
かわいいじゃねぇか、コノヤロ!(^^

足の指を自分で掴むことができるようになったので、
ゴロンゴロン率 が極めて高くなりました。

ちなみに、寝返りから返るのは覚え、さらにそこから寝返ることや、
腰をピコッと浮かして、頭からずりずり前進するワザも学んだちゅぱお。


移動力が増した裸の大将は、ちょっとした 要注意人物 です。


ちょっとミルクを作りに行って帰ると、ゴロンゴロンでマットをオーバー。
ちょっとトイレにでも立とうものなら、ゴロンゴロンでテーブルの下に。

ベッドでも、いつの間にか端っこの壁にゴチゴチと頭をぶつけていたり、
挙句には、ベッドから落ちたというおかさんの報告も…。

加えてこの頃、キーの高いヘンな奇声を発するのが得意技ときた。


キミは怪獣かね。


これでそろそろハイハイをしだすというのか…、
むぅ…、恐ろしい人物となったものよのう。





ちなみに、
ゴロンゴロン状態は、ウンチのときは大助かり。

ベビーチェアに座らせたままだと、お尻が圧迫されていて、
逃げ道を失ったモノが溢れる危険があるので (過去に多々あり)。

だから、ミルクタイムの後、1時間くらいは必ずゴロンゴロン。
これはちゅぱおに 義務づけしました

だいたい、1時間前後で、「…うん、…うん」 と始まります。
ホント、お通じの良い子です。 以前は心配しましたがね(^^


livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ