こんにちは、おかさんです。
なんと、今月二度目の記帳になります。 凄い頑張ってます(笑)

先日、私方の母を招いて、 ちゅぱみの お食い初め をしました。

お食い初めとは、生後100日前後に行うお祝いで、
子供が一生食べ物に困らないようにと願いを込める儀式です。
(地方によっては、100日ではない場合もあるそうです)
神社や川原などで拾った丸い石を、『歯固め』 として齧らせる真似をしたりもするそうです。

さて、毎度の事ながら、頭を捻るのが料理。
お食い初め というくらいなので、ちゅぱみにもしっかりお膳を用意します。
と言っても、生後三ヶ月の赤ちゃんなので食べさせる真似だけで、
実際に食べさせたりはしないのですが…

それでも、お祝いといえば写真が付き物。
後世に残るわけですからね、おかさんも見栄を張って頑張らないといけません。

お膳は、一汁三菜が基本だそうで。
おかさんが用意したものは…

1 . 煮物
2 . ふぐのタタキ
3 . 冷奴
4 . 紅白かまぼこ
5 . サラダスパ
6 . お吸い物


以上6点です


ハイ、一番肝心なものがありませんね!
尾頭付きの焼き魚と、ご飯です。

実は、今回のお食い初め。
遠方だということで、おとさん方のおとうさんとおかあさんが参加できませんでした。
なので、せめて 尾頭付きの鯛赤飯 をと、用意して送ってくださったのです。



img20061129.jpg



じゃーん。
これが記念の写真です。

おいしそうでしょ?^^


遠く離れていても、せめて気持ちだけでもお祝いをと、
そう思ってくださった義父さんと義母さんに、心からの感謝を。

年末になったら、ぷくぷくに丸くなったちゅぱみと、
前より少しお兄ちゃんになったちゅぱおを連れて、遊びに行きますね!

そして、退院直後だというのに来てくれた母に感謝です。
おとさんのサプライズで、「退院おめでとう」のケーキを用意。
お食い初めとあわせて、母の退院祝いもしました^^

悪いことが続いてしまったけれど、厄払いだと思って楽しんで貰えたなら嬉しいです。
たまにはね、リフレッシュもいいよね。


ちゅぱみ、100日おめでとう!
これからも、家族皆元気で幸せに暮らしていこうねv