本日はまじめな話。


先日、日本経済新聞に、男性の育児休暇の現状について、記事が書かれてあった。

おとさんは以前、男親としての育児について、日記に いろいろと書いた こともあり、
興味深くその記事を読んでみた。


昨今、さまざまな企業内で、男性社員の育児休暇取得を後押し (支援) するために、
休暇期間を 有給 とする企業が増えてきた、という内容だった。

少子化が叫ばれる中で、男性が育休を取りやすいよう、世間はいろいろと動いているそうだ。

もちろん、これまでにそういった働きかけが無かったわけではない。
だが、今ひとつ男性の取得者が増えないのは、育休の間、無給 となる収入への問題だ。

特に妻が専業主婦である場合、産後、夫が育児に協力してくれるのは嬉しいが、
その反面、生活の基盤である収入が減ってしまうのは、正直に痛いところ。

しかし、そこを有給休暇としてきっちり日数を定め、会社側から支援してくれれば、
夫としては、会社から定められた お墨付き の休暇という効果で取得がしやすくなるし、
妻にしても、収入が減らずに夫が傍にいてくれたら、物理的・心理的 にも助かるだろう。

ただし、一時でも社員が抜ける分、その間の業務への影響やコスト面を考えると、
現状は 1~2週間 といった短期間を育休に定めるところが多いという。

そのうえで、有給化に対しては、配偶者出産特別休暇を育休制度に衣替えしたり、
育休取得者の職場にサポート人員を補充するなど、さまざまな知恵が絞られているそうだ。


なお、子育て支援が充実している企業に、来春から国が 認定マーク を与え始めるそう。
人手不足の昨今、認定マークを取得すれば、優秀な人材確保につながる可能性が増える。
よって、各社がそのマーク取得の要件のひとつ、「1人以上の男性育休取得者」
の実績づくりに精を出している、という話も書かれてあった。なるほどね~。

また、東京労働局雇用均等室には、
「どうすれば男性が育休を取りやすくなるのか?」
という、企業からの相談の電話が相次いでいるという…

まぁ企業それぞれ事情は違うので何ともだが、実際に取得する側にとってみれば、
企業側からそういった育休に対する促しがスムーズに出ないと、なかなか取りづらいものだ。
かといって、好きなだけ休んでいいと言われても、それはそれでまた休めるものでもない。

有給休暇のように 休んでいい日数 を定められるのが、一番取得しやすいだろう。
そして、その休暇を使う時期を限定せず、任意に選べれば使いやすいのではないだろうか。


たとえ日数が短かろうが、希望よりも少なかろうが、取らないよりは取った方がいい。
企業全体、社会全体で 子育て支援の風土 を作るうえで、育休取得は大切なことだ。

そして、やれ企業だ社会だと、そんな大風呂敷を広げて話さなくても、
家庭にとって、妻にとって、子供にとっては、夫 (父) の 育休はとてもとても大切なこと。

これほど簡単な話はない。


今は、誰もがそれを真剣に考えなければならない社会が来ているんだなぁ~と、
しみじみと思った秋の空。

もう随分と、寒くなりましたね。
皆さん、風邪にはくれぐれもご注意を。