おいおい、何だか今月は日記を書いている日が少ないな (爆
でも、この倍は書いている月よりも、今月の方がアクセス数多いし (謎


まぁそれはさておき。

昨日、家に帰るとちゅぱおが下痢をしていました。
しかし、ウ○チしてたのを気づかず、ちょっとオムツ替えが遅れたら…


おしり、真っ赤っか。


そうです、おむつかぶれ です。

ちゅぱお、生まれて初めて のおむつかぶれになってしまいました。


ごめんよ~ちゅぱお~ (涙


初めてだったので、最初はそれと分からず、おしりふきでウ○チを拭こうとしたら、大騒ぎ!
そこで 「これって、もしかしたら…」 と気づいて、風呂場へ直行


この時点では、おとさんとおかさん、おむつかぶれの知識はゼロです。


この時、脳内コンピュータがはじき出した現時点の対処法は、

1 . おしりふきでは痛がるので、風呂場で直接洗うしかない。
2 . 水や、普段の温度の湯では刺激が強いので、ぬるま湯で洗うしかない。
3 . 赤ちゃん用の軟膏、もしくはオロナイン軟膏などを塗ってあげるしかない。

ベビーソープを手にいっぱい泡立て、患部を洗おうとするが、ちゅぱお大騒ぎ。
ぬるま湯を作り、軽く流そうとするも、ちゅぱおギャーギャーは止まらず。
おとさんも裸になって、抱きしめていっぱい声を掛けながら優しく洗いました。

ヒリヒリが相当に痛い模様。大泣き、大騒ぎで、ちゅぱお半狂乱に…

んで、風呂上がりにおかさんが、赤ちゃんのかぶれ用の軟膏をちょちょいと塗る。
ちゅぱお、また大騒ぎ。涙と鼻水でそれはもう大変なことに。

これまでに味わったことのない不快感、痛み、嫌な思い…本当に辛そうだった。
綺麗にし終えてもちゅぱおの大騒ぎは止まらず、ずっと抱っこしてあげました。

おとさんとおかさん、すぐに手持ちの本とインターネットで、「おむつかぶれ」 を検索。

さまざまなサイトが検索できるが、概ねはこんな感じだった。


<原因>
・汗や尿、下痢のような水っぽい便による湿気で、おむつ内が蒸れる。
・おむつ内の皮膚がふやけて、傷つきやすい敏感肌になる。
・アンモニアを含む尿、酵素を含む便などが長い時間、敏感肌に触れる。
・その状態でおむつ内の摩擦で皮膚が刺激されると、炎症を起こす。


<対処>
・やわらかいタオルや脱脂綿をぬるま湯に浸して、汚れをしっかり落とす。
・患部の刺激に十分考慮して、ただ拭くのではなく撫でるように優しく洗う。
・すぐにおむつをあてず、しっかり乾かして水分を無くしてから履かせる。
・毎回おむつ換え時に、刺激の少ない非ステロイド系の軟膏を薄目に塗る。



対処法としては、大して間違っていなかったようだ (ほっ
あんだけ大泣きしたのに、食欲はちゃんとある。車のおもちゃでも遊び始めた。

でも余談は許されない。幼児とは得てしてそういうもんだ。
食べ物やおもちゃで機嫌を直しても、症状が良くなったわけではない

ちょうど翌日はポリオの予防接種の日で小児科に行くので、
この際にしっかりと診てもらおう、ということにした。



んで、翌日 (今日) 診てもらった。

昨晩に比べ、おとさん目で見ても炎症は落ち着いている。
ぬるま湯のタオルで拭いても痛がらない。

先生は、炎症は落ち着いているけど、問題はお腹 (下痢) の方と診断。
聴診器をあてると、やはり普段よりもお腹がゴロゴロいっているそうだ。
よって、お腹の働きを治す処方箋を出してもらった。

ポリオ予防接種は本日は中止。後日あらためてということに。
ちゅぱおは診察中、いたって機嫌が良かった。よしよし (^^


ふぅ~まずは一安心といったところか。

これまでおむつかぶれは無かったけど、それは良い便だったということか…
これからは下痢には十分注意しよう!